ホーム > 地方のキャバクラで働く > 地方としては破格!!キャバ嬢の給料の秘密

地方としては破格!!キャバ嬢の給料の秘密

キャバ嬢の給料システムのパターン

キャバクラで働いた時のお給料ですけど、これはお店によってシステムが違ってきます。
本当にお店によりけりという感じだから、都会と地方によるシステムの違いは、ほぼほぼないと思っておいてOKです。

キャバ嬢のお給料のシステムにはいくつかパターンがあります。

・時給を固定しているパターン
・指名数などに応じて時給が上下するパターン
・指名やボトルオーダーなどによってバックがつくパターン
・売上の何割かを受け取れるパターン

多くのお店で採用されているパターンは、だいたいこんな感じ。いくつかのパターンを組み合わせてもっと複雑にしているお店もありますよ。
あと、バックの割合などはお店によって全然違うから、ここは働く前にチェックしておきたいところ。システムも含めて、面倒くさがらずに確認しておいてくださいね。

時給制と歩合制

いろいろなパターンを紹介したけど、キャバ嬢のお給料システムは、だいたい時給制か歩合制です。
時給制はそのまま、時給×労働時間がお給料になるシステムですね。
歩合制は、売上、指名数、延長、同伴、ドリンクオーダーなどの数や額によってお給料が決定するシステムです。

この時給制と歩合制をくっつけたパターンもあります。地方でも、この両方を組み合わせたお給料システムを採用しているところが多いですね。
つまり、指名数や売上が多くなったら、その数や額に応じて時給が上がっていくわけです。これは“スライド制”と呼ばれていて、お店によっては、その数や金額をポイントに置き換えて時給に反映させているところもあります。
時給制と歩合制をくっつけたシステムだと、時給もバックと呼ばれる歩合もお給料として受け取れるから、たくさんの収入を得ることができるというメリットあり。
キャバ嬢にとっては、かなりモチベーションを上げてくれるシステムですよ♪

あんまり頑張らない子や適当に仕事がしたいキャストさんにとっては、固定時給制がいいかもしれません。売上が上がらなくてもお給料が減らないからです。
でも、頑張りたい子や意識が高いキャストさんにとっては、歩合制や歩合制を重視したシステムがおすすめ。努力したら努力した分だけ、お給料も多くなりますから。

歩合制なら、地方でも頑張り次第でしっかりと稼げますよ!

全国のキャバ嬢の平均年収

キャバクラ嬢って、実際にどのくらいの年収を稼いでるかって知ってますか?
もちろん地域ごとに全然違うんですけど、東京の場合はだいたい540万円くらいと言われています。
あんまり多くないと感じる人もいるかもしれません。
でも、これって平均ですからね?10代の女の子も含めての平均額が500万円超えって、冷静に考えたらヤバイです(笑)
大阪は460万円くらいで、愛知や神奈川は420万円くらい。さすが都会ですよね。

じゃあ、地方であると言われることの多い、栃木県や茨城県や群馬県はどうでしょう。
栃木県のキャバ嬢の平均年収は385万円くらい。茨城県も群馬県もこれとほぼ同額です。
さすがに東京や大阪と比べると低いですけど、実は、地方の中ではかなり高め。埼玉県や“すすきの”のある北海道なんて340万円台ですから。

さらに高崎や宇都宮、水戸といった地域は夜のお店も賑やかなので、実は地方の中でもかなり稼げるスポット。北関東のキャバクラも捨てたもんじゃないですよ!