ホーム > 水戸のキャバクラ > 水戸のキャバクラの特徴

水戸のキャバクラの特徴

深夜営業のお店も少なくない

キャバクラはナイトワークですから、夜に営業するのは当たり前。
でも、都市部だと意外と早い時間帯からオープンしているところも少なくありません。
水戸市のキャバクラはどうかというと、若干遅い時間からスタートするお店が多くなってますね。

しっかりと日が暮れてから営業するお店で働くメリットは、出勤が楽だということ。
バタバタせずに済むから、準備もしっかりとできます。特にWワークのキャバ嬢や学生さん、主婦の方にとってはかなり働きやすいでしょう。

水戸にはちゃんとキャバクラ嬢を送迎してくれるお店も多いから、深夜営業のお店で働いても安心安全。若い女性でも不安要素なしで働けますよ。

土地代が安いので料金が安いお店が多い

水戸市は、東京の銀座や六本木なんかと比べると、やっぱり土地代が安いです。
だから、広いスペースを安く借りたり買ったりすることができるので、お店の料金が必然的に安くなるんですよね。つまり、男性のお客さんにとって嬉しい料金設定になってるってこと。

実はこれ、働くキャバ嬢にとってもメリットがあるんです。
料金が安いってことは、お客さんが入りやすいってことなんですね。
仕事帰りや居酒屋帰りなどに寄ってくれるお客さんが多くなるから、働く女の子は指名が取りやすくなるし、指名や売上などのバックも入りやすくなります。つまり、稼ぎやすい!

土地代が安いと、そのぶん内装とかにお金をかけられるから、ゴージャスで居心地の良いお店が多くなってるのも水戸市のキャバクラの特徴です。

関連記事:茨城のキャバクラで働くならここがおすすめ!!