ホーム > 水戸のキャバクラ > 水戸のキャバクラで働く前に…水戸市の魅力

水戸のキャバクラで働く前に…水戸市の魅力

水戸の地理的特徴

水戸市は、茨城県の中央部にある都市で、同県の県庁所在地になっています。
面積は約217㎢。そこに、だいたい27万人くらいの人が住んでいます。

山は朝房山、川は那珂川、藤井川、涸沼川などが流れ、千波湖という湖もあります。
この中の那珂川を中心に栄えたため、“水戸”と呼ばれるようになったそうです。水運の入り口や窓口という意味ですね。

水戸は比較的過ごしやすい気候なのも特徴的。
真夏日になる日がこの周辺地域と比べてもとても少なく、寝苦しい夜もまずありません。
夏の暑さが苦手な女の子は、この地に住みながら働くメリットがありそうです。
逆に冬は晴れの日がとても多くて、日中は暖かい水戸市。
朝と夜は寒いですけど、その点を除けば生活しやすいでしょう。

水戸駅周辺は再開発が進んでいて、これからの発展も期待されています。
これに伴って質の高いキャバクラも出てきてますから、働き始めるなら今がベストタイミングかもしれません。

歴史を身近に感じられる建物が多い

水戸は、観光地としてもとても人気の高い都市です。
特に歴史や文化を感じさせてくれる建造物などが多くて、落ち着いた女性にぴったりの街となっています。

例えば、偕楽園。これは日本三名園の一つに数えられています。
江戸時代の藩校である弘道館も歴史的建物の一つ。
水戸にはこの他にも保和苑や備前堀などがあり、これらを合わせて“新水戸八景”と呼び、観光客を楽しませてくれているんです。

さらに、水海道小学校や水戸農業高等学校の本館や中崎家住宅など、古い学校や民家を身近に感じることができる水戸市。
こんな素晴らしい環境で働くと、身も引き締まりそうですよね。
さらに寺社仏閣なども多くて、徳川光圀の生誕の地でもあるこの街は、日本のいいところや文化の素晴らしさを再認識させてくれます。
今は興味がなかったとしても、この地で働くことで、きっとその雰囲気を感じることができるはずです。

水戸の名物

水戸の名物で真っ先に思い出されるのは、「納豆」ですよね。
“水戸納豆”という言葉は誰でも耳にしたことがあるはず。美味しいだけじゃなくて栄養素もたっぷりと詰まった水戸納豆。
お肌やお腹の調子を整えてくれるなど健康や美容にもいい名物ですから、水戸で働くようになれば、その恩恵が受けられるかもしれませんよ?

“水戸藩ラーメン”を出しているお店も何店舗もあります。
水戸黄門が食べていたというこのラーメンも、水戸の名物の一つ。
こちらも普通のラーメンよりも健康的と言われているので、ぜひ食べてみてもらいたいですね。

歴史的建造物として紹介した偕楽園は、梅の名所。なので、水戸は梅酒も名物なんです。
若い女性でも飲みやすいお酒ですから、こちらも堪能してみましょう!
と、同時に梅を使ったお菓子も人気の水戸市。特に和菓子は種類も豊富で、飽きることがありません。