ホーム > 地方のキャバクラで働く > 知らなかったでは済まされない!?キャバ嬢の会話マナー

知らなかったでは済まされない!?キャバ嬢の会話マナー

基本的には聞きに徹するのがキャバ嬢のマナー

いくら地方のキャバクラであっても、キャバ嬢は接客マナーや男性を楽しませるためのテクニックをしっかりと身につけておく必要があります。

キャバ嬢は聞き手であって話し手ではないこと。これは絶対に意識してもらいたいことの一つ。
例外はありますけど、基本的にキャバ嬢は聞きに徹するのがマナー。
なぜなら、男性は自分の話を聞いてもらいにお店に来るケースが多いからです。
そこでペラペラと女の子ばかりが話してしまっては、男性は面白くありませんよね?
男性の話にどれだけ合わせられるか、上手に頷いたり返したりできるか、ここがキャバ嬢の腕の見せ所なんです。

ただし話を聞きたい男性客もたまにいるので、そういう人だと認識したら話し手に回っていいケースもありますよ。

挨拶は絶対にする

接客業の基本である挨拶、これもちゃんとしないといけません。

お客様に挨拶ができないキャバ嬢では指名を受けることなんてできないでしょう。
初めて会うお客様、何度か会っているお客様、毎回指名してくれるお客様、常連さんなど、相手によって挨拶を変えるのもポイント。
いつも会ってるのによそよそしい挨拶をされたら、誰だって違和感を感じます。それを感じさせずに、逆に特別感や贔屓感を感じさせることで、その後の指名にも繋がったりするんです。

お客様にだけではなく、他のキャストさんやボーイさんにも挨拶を忘れないようにすること。
人間関係は挨拶から!ここさえ守っておけば、トラブルに巻き込まれることもないでしょう。

仕事の話は自分から振らないようにする

お客様と会話をする中で、キャバ嬢からトークテーマとして挙げてはいけない内容があります。それは、男性のお仕事に関する話。

どんな仕事をしているのか、どんな会社に勤めているのか、こうしたことを内緒にしておきたいお客様もいます。
男性自身から言ってきた場合には触れてもOKですけど、キャバ嬢から「どんなお仕事してるんですか?」とか「どこに勤めてるんですか?」という質問は、極力しないようにしましょう。
お仕事に関係する役職や年収なども、相手が言う前に聞いてはいけません。

他のお客様やキャストさんの悪口は言わないようにする

そして悪口や不満、これも言わないようにすること!誰に対しても絶対に言ってはいけません。

お酒が入ってその場が盛り上がってくると、ついつい口から出てきちゃう悪口や不満ですが、これは他のお客様についてもそうだし、一緒に働いているキャストさんやボーイさんに対しても言っちゃダメ。

お店の中では悪口などは言わないのが鉄則。それを発した瞬間に自分の評判や評価も下がってしまうと心得ておきましょう。